楽天Edyと楽天カードの相性は抜群!楽天Edyは楽天カードからチャージしよう!

 

様々な加盟店でスイスイ決済を進めることができる電子マネーの楽天Edy。

使えば使うほどにポイント還元もあるため、日頃から楽天Edyを活用している方も多いことでしょう。

さて、そんな楽天Edyは楽天カードと相性抜群です。そこでここでは、なぜ楽天Edyが楽天カードと相性が良いのか。そして、具体的に楽天Edyをどのように活用していけばお得度合いがアップするのかをシェアしていきましょう。

楽天Edyは楽天カードと相性抜群な理由

楽天Edyが楽天カードと相性抜群な理由としては以下の通りです。

  • 無料で楽天Edyが発行できる
  • オートチャージができる
  • ポイント付与がある
  • キャンペーンがある

早速、それぞれの項目について、解説を加えていきますよ。

無料で楽天Edyが発行できる

楽天Edyカード

楽天Edyは本来、楽天市場で楽天Edyポイントカードを購入することで入手するのが一般的です。

ただしこの流れだと、購入費用として300円(税抜)がかかります。便宜性の高い電子マネーと言えど、最初の導入時点でこうしたコストがかかるのは少し抵抗がありますよね。

そこで登場するのが楽天カードです。楽天Edy機能付きの楽天カードを発行する場合には、楽天Edyに関する費用は一切発生しません。

もちろん、楽天カード自体も無料で作成できるクレジットカードなので、1円のコストもかけることなく、楽天カードおよび楽天Edyをゲットすることができるというわけですね。

ちなみに、以下のような方法でも楽天Edyを無料もしくは通常よりもお得に作成できるので、こちらも参考にしてみてください。

  • キャンペーン中に楽天市場で楽天Edyポイントカードを購入する(税抜50円)
  • 楽天会員ランクでプラチナ以上を達成し、楽天Edyポイントカードを無料で獲得する
  • クロネコメンバーズカードを作成する(無料)
  • プロン党Edy楽天ポイントカードを購入する(税込500円必要。ただし、カフェプロントでドリンク割引など複数の特典あり)

オートチャージができる

楽天Edyが楽天カードと相性が良い大きな理由の1つに、オートチャージに対応していることが挙げられます。

そもそもオートチャージとは、対象となる店舗において買い物をした際に、あらかじめ定められた金額を下回ると、設定されていた金額がチャージされるという仕組みです。

一見便利そうな響きではありますが、いつでもどこでもオートチャージが発動するわけではないことには注意が必要です。

たとえば、以下のような店舗では、オートチャージ機能を活用することができます。参考にしてみてください。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • モスバーガー
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグユタカ
  • クスリのあおき
  • CoCo壱番屋
  • コメダ珈琲店
  • 和食麺処サガミ
  • はるやま

オートチャージの設定方法

さて、続いてはオートチャージの設定方法についてみていきましょう。

  1. 楽天e-NAVI』にログインする
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をクリックする
  3. Edyチャージサービスページの「Edyオートチャージ」をクリックする
  4. オートチャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力する
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をクリックする

この流れです。特に難しいことはなさそうですね。あとは前述したオートチャージの対象となっている店舗において買い物をすれば設定が完了します。

ちなみに、オートチャージですが、以下の2点を満たしていることが最低の条件となります。

  1. 楽天Edyの残高が3,000円以下であること
  2. 楽天Edyでの支払い金額が「支払い前残高+オートチャージ設定額」を超えていないこと

以下、具体例を示しましょう。

前提条件:残高3,000円を下回ったら、5,000円のオートチャージをする
  1. 残高が2,000円の状態で3,000円の支払いをした場合
    →オートチャージされる
    ※2,000円-3,000円+5,000円=4,000円(支払い完了後の楽天Edy残高)
  2. 残高が4,000円の時に3,000円の支払いをした場合
    →オートチャージはされない
    ※4,000円-3,000円=1,000円(支払い完了後の楽天Edy残高)
    ※楽天Edyの残高が3,000円以下という条件を満たしていないため
  3. 残高1,000円の時に7,000円の支払いをした場合
    →オートチャージされない上、支払いも成立しない
    ※支払い後の残高が、オートチャージでまかないきれる範囲ではないため

ご覧の通り、支払金額が多い場合には、オートチャージが発動しないどころか、そもそもの支払いすら成立しないといったことにもなりえます。

したがって、こうした状況を避けたい方であれば、あらかじめオートチャージされる金額を多めに設定しておくのが良いでしょう。

楽天Edyのオートチャージ設定方法は『楽天Edyのオートチャージ設定方法を解説!その他チャージ方法は損?』の記事で更にわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイント付与がある

楽天Edyを活用することで得られるポイント還元は本来0.5%です。

しかしながら、楽天カードからのクレジットチャージ(オートチャージ含む)を活用した場合、以下の通り楽天ポイントの2重取りが可能となります。

  • 楽天Edy決済によって0.5%(200円につき1ポイント)
  • 楽天Edyオートチャージ(楽天カードからのクレジットチャージ)によって0.5%(200円につき1ポイント)
    合計1%

いかがでしょうか。本来の還元率と比較すると、その節約効果は2倍となっています。同じツールを活用するのであれば、少しでもバックが大きい方が良いですよね。

キャンペーンがある

楽天Edyが付帯した楽天カードを発行する場合、以下のような入会特典が付随するのが嬉しいポイントです。

  • 最低5,000円相当のポイント還元
  • 500円分のEdy付帯

ちなみに5,000円相当の入会特典は、入会するタイミングや条件によっては8,000円相当や10,000円相当に化けることもあります。これに関しては次項で詳しく解説していきますよ。

楽天カードなら入会特典付きでEdyが発行できる!

楽天カードVISA

基本還元率 通常:1%
楽天市場:3%~
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 540円(税込)
※プラチナ・ダイヤモンドランクの方は無料
家族カード 無料

さて、それでは楽天カードの魅力や入会特典の素晴らしさについて詳しく解説を進めていきましょう。

まずは、10人に1人が保持していると言われる楽天カードそのもののスペックについて触れていきますよ。

楽天カードはハイスペックかつ年会費無料のクレジットカード

楽天カードは非常にハイスペックであるにもかかわらず、家族カードまでをランニングコストなしで保持することができるクレジットカードです。

楽天カードを持っていると、以下のようなメリットを享受することが可能となります。

  • SPUをはじめとする各種キャンペーンでザクザクポイントが貯まる
  • 特約店でポイント還元率が倍増
  • 楽天ポイントカード機能が付帯(加盟店でポイント2重取りが可能)
  • 充実の海外旅行保険が付帯

特に楽天カードの人気を支えているのが、ポイント還元率が10倍や20倍といった値にうなぎのぼりになるポイントの貯めやすさでしょう。

ポイントはお金と等しいので、ポイントのたまりやすさはダイレクトに節約効果に繋がります。

せっかくクレジットカードを活用するのであれば、少しでも高い節約効果を生み出せた方が良いですよね。楽天カードを作成した方はぜひ、以下のようなキャンペーンを相互に組み合わせることで、じゃんじゃんポイントを稼いでみてください。

  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)(最大ポイント15倍)
  • 買い回りキャンペーン(最大ポイント10倍)
  • サッカーチーム応援キャンペーン(最大ポイント4倍)
  • 5と0のつく日キャンペーン(ポイント+2倍)

最低5,000円相当の入会特典は非常にアツい

最低でも5,000円相当のポイント還元を得ることができる楽天カードの入会キャンペーンは非常にアツい。

ここで節約に対して意識の高い方は、『最低でも5,000円』というワードに食いついていることと思います。

そう。厳密に言えば、楽天カードの入会キャンペーンで得られるポイントは以下のパターンに分かれるのです。

  • 5,000円相当のポイント
  • 7,000円相当のポイント
  • 8,000円相当のポイント
  • 9,000円相当のポイント
  • 10,000円相当のポイント

え、そんなの10,000円相当のポイントがいいに決まってる!」と思わずシャウトしてしまった方もいることでしょう。

そこでここでは、10,000円相当のポイントを獲得するために必要なことをシェアしていきたいと思います。これから楽天カードの作成を考えている方は以下の内容を要チェックですね。

通常時は5,000円相当。キャンペーン時は7,000円相当以上

楽天カードの入会キャンペーンで得られるポイントの基本的なルールは以下の通りです。

  • 通常時は5,000円相当の還元
  • キャンペーン時は7,000円もしくは8,000円相当の還元

つまり、入会するタイミングが違うだけで、還元されるポイントも大きく異なるということです。

還元されるポイントの値はおおよそ1ヶ月ごとに変化していくので、ぜひ定期的に楽天カードの公式ホームページをチェックしてみてください。

楽天会員ランクがプラチナ以上なら獲得ポイントが一気にアップ

会員ランク 達成条件
レギュラーランク ポイント対象の楽天サービスを利用し、ポイントを獲得する
シルバーランク  過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク 過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナランク 過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク 過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、
かつ楽天カードを保有

楽天会員ランクがプラチナ以上であれば、楽天カードの新規入会キャンペーンで得られるポイントは以下の通りとなります。

  • 5,000円相当の時→8,000円相当にアップ
  • 7,000円相当の時→9,000円相当にアップ
  • 8,000円相当の時→10,000円相当にアップ

つまり、楽天会員ランクがプラチナ以上の方の場合、どのタイミングで楽天カードに入会しても、最低で8,000円相当のポイントを獲得できるというわけです。

もちろん、同じ楽天カードを発行するのですから、10,000円相当のタイミングで入会した方が良いのは間違いありません。少しでも入会時のキャンペーンポイントを多く獲得したい方は、まず楽天会員のランクアップを意識してみると良いでしょう。

楽天会員ランクの効率的な上げ方

さて、ここで少し、楽天会員ランクを効率的に上げる方法について考えていきたいと思います。

先ほどご覧いただいた通り、楽天会員ランクは以下の2つの項目によって決まります。

  • 楽天ポイントの獲得数
  • 楽天ポイントの獲得回数

つまり、一気に大量の楽天ポイントをするだけでもダメですし、ちまちまと楽天ポイントの獲得回数だけが増えても楽天会員ランクのステージは変わりません。

このように考えるとやはり、楽天系列における利用金額と利用頻度の双方を高めていく必要があると言えます。そこでおすすめなのが以下のようなカードを活用することです。

  • 楽天デビットカード(JCBブランド)
  • 楽天ポイントカード

特におすすめなのが楽天デビットカードで、楽天デビットカードはJCBブランドに限り、基本還元率が1%に設定されています。

1%という値は各種デビットカードの中でも群を抜いており、楽天デビットカードは節約効果を高める上で孤高の存在と言えます。

楽天デビットカードは16歳以上なら誰でも発行することができ、面倒な審査も必要としません。

デビットカードはクレジットカードのように使いすぎる心配もないため、クレジットカードを持つとついつい散々してしまうという方にもおすすめです。

もちろん、楽天デビットカードの他に、楽天ポイントカードを活用するのもグッドです。

楽天ポイントカードを備えておけば、以下の楽天ポイントカード加盟店において、ショッピングポイントを獲得することができます。普段使いしている店舗がないか、ぜひともチェックしてみてください。

  • 楽天市場をはじめとする各種楽天系列
  • くら寿司
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ
  • PRONTO
  • まいどおおきに食堂
  • タニタ食堂
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ツルハドラッグ
  • ダイコクドラッグ
  • SUIT SELECT
  • メガネ本舗
  • ビックカメラ
  • ソフマップ
  • ジョーシン
  • アリさんマークの引越社
  • サカイ引越センター
  • 得タク
  • 出光サービスステーション
  • キグナス石油

楽天カードならデフォルトで500円分のEdyが付帯される

楽天Edyをこれから活用したいと思っている方は、ぜひとも楽天カードに付帯して作成していただきたいものです。

というのも、楽天カードに付帯させたEdyの場合、特典としてデフォルトで500円分のEdyが付与された状態で楽天カードが手元に届くのです。

前述した入会特典を上手に活用した方であれば、10,000円相当のポイントも獲得した上で、さらに500円分のEdyを獲得できるという流れができあがります。

冷静に考えてみてください。

基本還元率が1%の楽天カードで10,500円分の還元を生み出そうと思った場合、実に105万円もの決済が必要となる計算です。

このように考えれば、他の手段で楽天Edyを作成するより、楽天カードに付帯させた方が圧倒的にお得感が強いのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ここまでお得な要素があるにもかかわらず、楽天カードは年会費無料で作成できてしまうのです。10人に1人が楽天カードのユーザーという凄まじいほどの人気ぶりにも首肯することができますね。

さぁ、あなたもぜひ、楽天Edyを楽天カードと共にはじめてみましょう。

まとめ

様々な店舗で活用することができる楽天Edyは、以下の項目をご覧いただければお分かりの通り、楽天カードと非常に相性の良い電子マネーです。

  • 無料で楽天Edyが発行できる
  • オートチャージができる
  • ポイント付与がある
  • キャンペーンがある

楽天Edyをはじめる方法は他にもありますが、お得度合いで楽天カードに勝るものはないでしょう。ぜひあなたも、新規入会キャンペーンで得られる大量ポイントを獲得した上で、楽天Edyを上手に活用してみてくださいね。

本来有料の楽天Edyを無料で作る方法はこちら

楽天Edyの無料の作り方|300円かかる発行手数料は払わなくて良い!