楽天Edyのオートチャージ設定方法を解説!その他チャージ方法は損?

 

ありとあらゆるリアル店舗でスイスイと決済が進む電子マネーの楽天Edy。

もちろん、決済をすればするほどにポイント還元を得ることができ、節約効果を高める上でもおすすめのツールです。

さて、そんな楽天Edyについてですが、ここではオートチャージの設定方法を解説していきたいと思います。

通常のチャージ方法と比べてお得度合いはどうなのかということを比較しながら、以下の内容を読み進めてみてくださいね。

楽天Edyを使うならオートチャージが便利&お得!

楽天Edyカード

結論から言うと、楽天Edyを使うならオートチャージが便利かつお得であると言えます。

なぜなら、電子マネーを活用していく以上、チャージは必ず求められる行動ですし、チャージできる金額には上限が定められているためです。

ちょこちょこ手作業でチャージするより、楽天Edyを使ったタイミングで自動的にチャージされる方が楽なのは誰だって同じですよね。

ただし、楽天Edyのオートチャージは、一定の残高を切ると自動的にチャージされるといった仕様ではないことには注意が必要です。実際には対象の店舗で買い物をする必要があるため、少々手間がかかるのは否めません。

楽天Edyのオートチャージには、金額的な条件だけではなく、決済する場所の条件も同時に定められているのですね。

楽天Edyの上限額

楽天Edyの上限額は以下の通りです。

  • 残高上限額は50,000円
  • 1回あたりのチャージ上限額は25,000円

1日あたりの利用回数における制限は特に設けられていません。

つまり、上限額を超えない限り、1日に何度でもチャージすることができますし、上限額内であれば、1日何度でも楽天Edyの決済を利用できるということですね。

もちろん、オートチャージ設定をしておくことで、毎回のチャージによる時間的コストや煩わしさをカットできるのは言うまでもありません。

オートチャージでストレス軽減

残高不足。買い物をしようとした時に楽天Edyの残高が足りず、後続にお客様がいるにもかかわらず支払いでもたついてしまう。これってかなり気まずいですよね。

そんな場面に出くわすのを回避してくれるのがオートチャージ機能です。

1度設定しておけば、ローソンやファミリーマートなどの楽天Edyオートチャージに対応した店舗における買い物であれば、設定した残高が到来した瞬間に勝手にチャージしてくれるので、残高不足で決済手続きにストップをかけられることがありません。

ちょっとしたことかもしれませんが、何気ない日常におけるこのちょっとしたストレスを受けないというのは、非常に重要なことと言えますよ。

楽天カードを活用してのオートチャージでポイント2重取り

楽天カードVISA

楽天カードのクレジットチャージを活用すれば、楽天Edyのオートチャージで以下の通り、ポイントの2重取りが可能となります。

  • 楽天Edy決済によって0.5%(200円につき1ポイント)
  • 楽天Edyオートチャージ(楽天カードからのクレジットチャージ)によって0.5%(200円につき1ポイント)
    合計1%

いかがでしょうか。便宜性だけでなく、節約効果も同時に高めることができることがこれでお分かりいただけるかと思います。

同じ金額を使うのであれば、それに対するバックが大きい方が絶対にお得ですよね。

全国約86,000店舗がオートチャージに対応

便利かつお得なのはわかったけど、「そもそもどこでオートチャージできるの?」そう感じている方もいるかもしれません。

楽天Edyのオートチャージに対応している店舗は全国でおおよそ86,000店舗にものぼります。

ありとあらゆるリアル店舗が楽天Edyのオートチャージに対応しているため、なかなかオートチャージができなくて困る!といった事態はほとんどなさそうですね。

ちなみに楽天Edyのオートチャージに対応している主な店舗は以下の通りです。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • モスバーガー
  • ツルハドラッグ
  • ドラッグユタカ
  • クスリのあおき
  • CoCo壱番屋
  • コメダ珈琲店
  • 和食麺処サガミ
  • はるやま

これらの店舗を普段使いしている方にとって、楽天Edyをオートチャージする上での相性はバッチリですね。

楽天Edyのオートチャージ設定方法

さて、それではいよいよ楽天Edyのオートチャージ設定方法を解説していきたいと思います。

楽天Edyのオートチャージ設定方法は非常に簡単で、以下の流れを踏むだけで完了します。

  1. 楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成する
  2. 楽天e-NAVIで申し込み手続きを進める
  3. 楽天Edyオートチャージが使えるように設定する

それぞれの項目について、もう少し深掘りしてお伝えしていきますね。

楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成する

楽天Edyのオートチャージを活用するには、以下のいずれかの方法を取る必要があります。

  • 楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成する
  • おサイフケータイで楽天Edyのアプリを活用する(Android限定)

まず、楽天カードに関してですが、全ての楽天カードにデフォルトで楽天Edy機能が備わっているわけではありません。

楽天Edyのオートチャージを活用したいのであれば、まずは楽天Edy機能が付帯した楽天カードを作成しましょう。

  • これから楽天カードを発行する人
    ⇒申し込み手続きの際に、楽天Edy機能を付帯させて楽天カードを作成する
  • すでに楽天カードを発行しているが、その楽天カードに楽天Edy機能が付帯していない人
    ⇒楽天Edy機能を追加で付帯させる

この流れでOKですね。

また、おサイフケータイについては、Androidユーザーの方限定の方法となっている点には注意が必要です。こちらはアプリをインストールするだけなので、サクッと手続きが済んでしまいます。

本来、楽天Edyカードを入手するには300円(税抜)の費用が求められますが、楽天カードにEdyを付帯させる方法や、Androidの方がアプリをインストールする方法であれば、楽天Edyを無料で作成することができますよ。

楽天e-NAVIで申し込み手続きを進める

楽天Edyが付帯した楽天カードを入手したら、次は楽天e-NAVIにおける手続きです。
以下の流れに沿って、設定をサクサク進めていきましょう。

  1. 楽天e-NAVI』にログインする
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をクリックする
  3. Edyチャージサービスページの「Edyオートチャージ」をクリックする
  4. オートチャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力する
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をクリックする

ここまでです。この手続きが完了すれば、設定されたオートチャージの条件にしたがって、オートチャージ対応店舗で自動的にオートチャージがされるようになります。

ちなみに、これから楽天カードを発行する方であれば、楽天カード申し込み手続きの際に、楽天Edyオートチャージの設定も合わせて行うことができる点も覚えておきましょう。

楽天Edyオートチャージが使えるように設定する

楽天Edyオートチャージに関する最後のステップがこちらです。

楽天e-NAVIで手続きが完了したら、以下のいずれかの方法で楽天Edyオートチャージが使えるように設定を済ませましょう。

  1. 楽天Edyオートチャージ対象店舗で買い物をする
  2. ファミリーマートに設置されているファミポートで設定する
  3. 楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリで設定する

この中で最もシンプルなのが①です。

ただ単に、楽天Edyを使って買い物をするだけで完了するのですから、これほど楽な方法はありません。

以下、②と③の設定方法について解説を加えておきましょう。

ファミリーマートに設置されているファミポートで設定する

ファミリーマートに設置されているファミポートで設定する場合の流れは以下の通りです。

  1. 「Famiポート」トップ画面の「電子マネー『楽天Edy』」をタッチする
  2. 「Edyオートチャージ設定」ボタンをタッチする
  3. 「Edyオートチャージとは?」を確認し、「OK」ボタンをタッチする
  4. 「Famiポート」のバーコードリーダー部分に、楽天Edy機能が付帯された楽天カードをかざす。
  5. 「楽天e-NAVI」で申し込みした設定内容を確認し、「OK」ボタンをタッチする。

ここまでです。ファミリーマート御用達の方であれば、ファミリーマートに立ち寄った際にささっと手続きを済ませておくと良いですね。

楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリで設定する

楽天EdyリーダーまたはFeliCaポート/パソリで設定する場合の流れは以下の通りです。

  1. 「楽天e-NAVI」のEdyオートチャージ申し込み完了画面で「パソリ」を選択する
  2. 「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」に楽天Edy機能が付帯された楽天カードをセットする
  3. 「準備完了」ボタンを選択する

ここまでです。楽天カードEdyリーダーやパソリは別途購入費用が必要となるため、できる限りコストを抑えたい方であれば、楽天Edyオートチャージに対応している店舗における買い物か、ファミポートでの設定を選ぶと良いですね。

おサイフケータイでもオートチャージ設定ができる

楽天Edyはおサイフケータイでも利用することができ、かつオートチャージの設定も可能となっています。おサイフケータイで決済手続きを進めたいという方のために、こちらの方法もシェアしておきましょう。

ただし、おサイフケータイはAndroidユーザーに限定されたツールであることには注意が必要ですよ。

おサイフケータイで楽天Edyをはじめる流れ

まずは、おサイフケータイで楽天Edyをスタートする流れを説明しておきましょう。

  1. 楽天Edyアプリをダウンロードする
  2. 貯めるポイントを設定する
  3. チャージ(入金)する

たったこれだけです。やはりアプリは非常にシンプルですね。

ちなみに、②の貯めるポイントについてですが、以下のような様々なポイントから好きなものを選択することができます。

  • 楽天スーパーポイント
  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • au WALLETポイント
  • Tポイント
  • ビックポイント
  • マツキヨポイント

楽天Edyだからといって、楽天スーパーポイントにこだわる必要はありません。あなたにとって最も便宜性の高いポイントを選択しましょう。

おサイフケータイでオートチャージ設定をする

さて、続いてはおサイフケータイでオートチャージ設定をする方法です。

  1. 「詳細を見る」をタップする
  2. 「チャージ設定」をタップする
  3. 「オートチャージ設定」をタップする
  4. 「オートチャージ設定・変更」をタップする
  5. オートチャージの詳細を設定する

ここまでです。サクサクタップしていけばすぐに完了しますよ。

ちなみに、おサイフケータイにおけるオートチャージで設定できるチャージ方法は以下の通りとなっています。

  • クレジットカードによるオートチャージ
  • 楽天会員IDによるオートチャージ
  • 銀行口座振替によるオートチャージ

オートチャージの設定条件とオートチャージされるタイミング

オートチャージに関する最後のトピックとして、オートチャージの設定条件とオートチャージされるタイミングを確認しておきたいと思います。

まず、オートチャージされる条件についてですが、以下の2点を満たした際に、オートチャージが発動します。

  1. 楽天Edyの残高が3,000円以下であること
  2. 楽天Edyでの支払い金額が「支払い前残高+オートチャージ設定額」を超えていないこと

たとえば、残高3,000円を下回ったら、5,000円のオートチャージをするという前提条件がある場合、残高が2,000円の状態で3,000円の支払いをすれば、以下の通りオートチャージがなされます。

  • 2,000円-3,000円+5,000円=4,000円(支払い完了後の楽天Edy残高)

ただし、たとえば残高が4,000円の時に3,000円の支払いを行っても、楽天Edy残高が3,000円以下であるという条件を満たしていないため、以下の通りオートチャージは発動しません。

  • 4,000円-3,000円=1,000円(支払い完了後の楽天Edy残高)

ちなみに、残高1,000円の時に7,000円の支払いをするとなると、5,000円のオートチャージでもまかない切れる範囲を超えているため、支払いもオートチャージもされないという状況が発生します。

したがって、楽天Edyを使って大きな買い物をすることがある方については、あらかじめオートチャージの金額を高めに設定しておくのがベターかもしれませんね。

楽天Edyのその他のチャージ方法

さて、続いては楽天Edyのその他のチャージ方法を紹介していきたいと思います。

確かに楽天Edyのオートチャージは便利ですが、オートチャージ以外の方法を知っておくことも必要ですよね。

オートチャージ以外のチャージ方法としては、以下のような方法があります。

  • クレジットカードによるチャージ
  • 現金によるチャージ(チャージ機を使ってのチャージを含む)
  • 銀行口座によるチャージ

早速、それぞれの方法について解説を加えていきましょう。

クレジットカードによるチャージ

クレジットカードによるチャージについてですが、以下の楽天Edyの種類によって流れが異なります。

  • 楽天Edyカード
  • 楽天Edy付帯の楽天カード
  • おサイフケータイの楽天Edy

以下、それぞれの方法について、1つずつ解説を加えていきますよ。

楽天Edyカード

楽天Edyカード

楽天Edyカードにおけるクレジットチャージの設定方法は以下の通りです。

  1. リーダーライターの準備など、楽天Edy Viewerの利用環境を整える
  2. Edy Viewerからクレジットカード情報の登録を進める
  3. 翌日正午以降、Edy Viewerからクレジットチャージができるようになる

ご覧の通り、手続きしてからすぐにクレジットチャージができるわけではないことには注意が必要です。

また、リーダーライターも費用がかかるため、この点もデメリットの1つと言えますね。

楽天Edy付帯の楽天カード

楽天カードVISA

楽天Edy付帯の楽天カードにおけるクレジットチャージの設定方法は以下の通りです。

  1. 楽天e-NAVI』にログインする
  2. トップページ右上の「Edyチャージ」をクリックする
  3. Edyチャージサービスページの「クレジットチャージ」をクリックする
  4. チャージ条件を設定し、楽天カード裏面のセキュリティーコードを入力する
  5. 申し込み内容を確認し、間違いがなければ「上記規約に同意して申し込む」をクリックする

こちらはリーダーライターなどを準備する必要もなく、クレジットチャージでポイント還元が得られることも考慮に入れれば、節約効果の高いチャージ方法と言えますね。

おサイフケータイの楽天Edy

おサイフケータイの楽天Edyに対し、クレジットチャージを行うまでの流れとしては以下の通りです。

  1. おサイフケータイタブの「詳細を見る」をタップする
  2. 「チャージ設定」をタップする
  3. 「チャージ方法」をタップする
  4. 「クレジットカード」をタップする
  5. 「次へ進む」をタップする
  6. 必要情報を入力する
  7. 入力情報を確認後、「登録する」をタップする

ここまでで、クレジットカード情報の登録が完了となります。続いて、クレジットチャージの手順を確認していきましょう。

  1. 「チャージ」をタップする
  2. チャージ金額およびパスワードを入力する

これだけです。非常にシンプルですね。クレジットカード情報の新規登録および更新後は、原則として翌日の正午までクレジットチャージができないことには注意が必要です。

したがって、クレジットチャージを利用したい場合には、時間に余裕を持って登録手続きを進めておくと良いですね。

現金によるチャージ

楽天Edy加盟店においては、レジにて現金でチャージすることができます。店員さんに対し、楽天Edyにチャージしたい旨を伝えましょう。

楽天Edyのチャージに対応している主な加盟店は以下の通りです。現金でのチャージを考慮に入れている方はぜひ、参考にしてみてください。

  • サークルK/サンクス
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • WonderGoo
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶室ルノアール
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ドラッグストアウェルネス

ちなみに一部店舗では、Edyチャージャー(現金入金機)を導入しているところもありますよ。

銀行口座によるチャージ

おサイフケータイで楽天Edyを活用している方であれば、銀行口座によるチャージも可能です。

銀行口座によるチャージの流れとしては以下の通りです。

  1. 「詳細を見る」をタップする
  2. 「チャージ設定」をタップする
  3. 「チャージ方法」をタップする
  4. 「銀行口座」をタップする
  5. 「新しく口座を登録する」をタップする(口座情報がない場合)
  6. 各金融機関のサイトで申し込み手続きをする
  7. 申し込み手続き完了後、「チャージ」をタップする
  8. チャージ金額およびパスワードを入力する

ここまでです。楽天銀行以外の都市銀行や地方銀行などでも設定することができます。

銀行口座からのチャージの注意点として、以下の2点についてはあらかじめおさえておきましょう。

  • 申し込みから利用可能になるまで、最大で申し込み日翌日の15時までかかる
  • 一部の金融機関では、上記期間より更に3日~10日程度かかる場合がある

楽天Edyのオートチャージをやめる方法

さて、本記事の最終項として、楽天Edyのオートチャージをやめる方法を解説しておきたいと思います。

楽天Edyのオートチャージは確かに便利ですが、便宜性が高いゆえに、以下のようなデメリットを感じてしまう方もいるかもしれません。

  • ついつい使いすぎてしまう
  • 楽天Edyに費やしている金額の多寡を把握しきれなくなる

これらの点を踏まえると、オートチャージ以外の方法でチャージする方がしっくりくるという人もいることでしょう。

楽天Edyのオートチャージを解除する流れ

一度設定した楽天Edyのオートチャージを解除する方法は以下の2通りです。

  • Famiポートで解除する
  • パソリなどの端末で解除する

早速、それぞれの解除方法を以下で確認していきましょう。

Famiポートで解除する

Famiポートで楽天Edyのオートチャージを解除する流れは以下の通りです。

  1. Famiポートトップ画面の「電子マネー楽天Edy」をタッチする
  2. 「Edyオートチャージ解除」ボタンをタッチする
  3. 「Edyオートチャージオフ」ボタンをタッチする
  4. Famiポートのバーコードリーダーに楽天Edyをかざす

ここまでです。解除の手続きもそこまで難しいことはないですね。

パソリなどの端末で解除する

続いて、パソリなどの端末で楽天Edyのオートチャージを解除する流れをみていきましょう。

  1. 楽天e-NAVI』にログインする
  2. 楽天Edyオートチャージサービス内の解除ボタンをクリックする
  3. 楽天Edyをパソリなどの端末にかざす

ここまでです。もちろん、オートチャージをまた改めてスタートさせたい場合は、前述した流れで再手続きを行えばOKですよ。

まとめ

楽天Edyではオートチャージを活用することで、都度のチャージの手間を省くことが可能となる上、オートチャージによってポイント付与が得られるという利点もあります。

ただし、使いすぎることが心配であったり、楽天Edyへのチャージ金額の多寡が把握できないことがストレスになるようであれば、オートチャージ以外の方法でチャージすることも選択肢に入れると良いでしょう。

楽天Edyの取得方法やチャージ方法は多岐にわたります。ぜひ、本記事の内容を改めて振り返っていただき、あなた自身が最もしっくりくる方法を選択することで、楽天Edyの魅力を余すところなく享受してみてください。

本来有料の楽天Edyを無料で作る方法はこちら

楽天Edyカードを完全無料での作り方を解説|発行手数料を0円で楽天Edyを入手する方法